DIATONE DS-251 Mk2

何度もこのブログで書いてますが、僕はダイヤトーンスピーカーのファンです。
以前からどうしても聴いてみたい、、、いつかは所持してみたい、、、という候補が二つありました。

ひとつはDIATONE 2S-305
こちらのほうはションプで何度か視聴はしてるのですが、もはやビンデージの領域に入ってるので値段もそれなりになります。

ふたつ目、、が今回紹介するDIATONE DS-251 Mk2です。

1973年販売なんで、、40年前のスピーカーになります。
結構痛んでます。シミも酷いことになってますが音はちゃんと鳴ってます。色々メンテナンスしていきたいとこです。


さてさて、、音なんですが、、、、まさに、、ダイヤサウンド!
タイトな低音、明確な中音、キラキラとした高音。これでJAZZのシンバル系の音を聴くと飛び上がるぐらいリアルです。

正直、、もうこれでスピーカーは上がりです。私の求めて音はまさにこれ。これ以下でもダメだし、これ以上でもダメ。

不思議なことに今回CDを音源で再生すると、どこかしらアナログレコードを聴いてるような錯覚になってしまいます。いままでない経験です。スーパーツイーターが関係あるんでしょうか?
今後はゆっくりとメンテナンスに専念したいと思います。










疲労

明確な疲労というのがこの世にあるのかどうか分からないけど、とにかく最近キツい。
なんかスッキリしない。このヌルーい季節のせいなのか・・・・

ひとまず、、、そういうことにしておこう。

SHURE M44G

ついにレコード針が折れてしまった。


これは元々はダイヤトーンのレコードプレイヤーに付属していたもので中古で購入したときからヘタリ気味でした。寿命だったんでしょう。

と、いうことで福岡天神のビックカメラへ行き針の購入へと行ってきました。

一応ネットで下調べし店頭でもあれこれ迷った末、定番のSHURE N44Gを購入しました。


帰宅後早速取り付けました。初の針交換で結構手間取りました。


早速マイクロのプレイヤーに取り付け。


さて、音質ですがネットの評判通りで
元気な音で音圧も上がったような気がする。ただそれがゆえに繊細な音が少し薄らいでしまった。んー好みとしては、こんな元気でなくてよかったかな〜。

そうこうしているうちにショックなことが、、、、、

ダイヤのDSー1000hrのツィーターからビビり音が、、、つ、ついに、、、、このときが来たのか、、、、